ロゴ

開業準備.com

飲食店を経営するなら会計システムの運用が重要です。

導入しない理由は見当たらない!?メリットを徹底リサーチします!

握手

導入する目的とは

最近ではタブレットposを使用している店舗が激増しています。なぜ導入した方がメリットがあるのかについて検証していきます。

READ MORE
タブレット端末を持つ人

早めに検討しよう

費用が心配という声も聞かれますが、実はお得に導入できる方法があります。迷っているなら今が絶好のチャンスかもしれませんよ。

READ MORE
レジ

働きやすさが向上する

「使いやすい!」「仕事がはかどる!」など、実際に運用しているスタッフからの評判も上々です。どういった点が便利になるのか詳しくみていきます。

READ MORE

飲食店にふさわしい

タブレットposで会計管理を行なえば、スムーズに店舗の運用をしていくことが可能です。とくに毎日多くの客を迎える飲食店では利用価値が高いアイテムだといえます。飲食店では、提供する商品数も多く、また期間によって商品が入れ替わる流動的なケースも多いです。タブレットposではオーダーシステムと連携することもでき、自社のニーズに合ったカスタマイズで活用することもできます。

使って良かった点は?

no.1

情報を活用できる

売り上げに関するさまざまな情報をデータで一元管理できることにより分析がしやすくなっています。データから売り上げアップのための戦略を練っていくことは重要です。

no.2

オーダーミスがなくなった

オーダーシステムと連携させることによって、スムーズにミスなくオーダーを受けることが可能になっています。

no.3

スペースを活用

従来のposレジは大きくて重いことがネックでした。タブレットposであれば、省スペースですので店内を広く使うことができます。

生産性が飛躍的にアップする

レジスター

比較するところ

導入する前には、イニシャルコストとランニングコストの見積もりを出して、比較検討するとよいでしょう。料金体系は各社で特色がありますので、自社にとって最もメリットがある業者を選定することがカギとなります。業者の数も多数ありますので、まずはサービスの評判をチェックすることも大切です。とくに同業者に愛用されているサービスであれば、安心して利用を始めることもできるはずです。ユーザーのリアルな意見を紹介しているインターネットサイトもあります。そうした口コミを参照しながら業者選びに役立てていくと理想的な業者を見つけやすくなります。

これまでのレジとの違いは

これまでのレジはお金を出し入れする機能がメインでした。インターネットと繋がっていないため、売り上げデータの管理や分析は人の手で行なう必要があります。また、固定して設置するためレジカウンターのスペースある程度確保する必要があります。しかし、タブレットposはインターネット環境で使うことが前提となっており、管理作業が効率的になっています。データの分析も自動で行なってくれるため、手間をかけることなく欲しい情報を入手できるのです。

広告募集中